放射線ホルミシス効果と糖尿病、高血圧、脳梗塞

生活習慣病は、食事、喫煙、飲酒、運動などの習慣が健康によくない「間違った生活習慣」になったときに発症するリスクが高くなります。

一般に生活習慣病といえるのは、

・糖尿病
・高脂血症・動脈硬化
・高血圧
・心臓病(狭心症・心筋梗塞)
・脳卒中(脳血管障害)
・がん

などであり、活性酸素が引き金となる病気が中心となります。

過剰に発生した活性酸素は、体内のコレステロールや中性脂肪を酸化させることにより過酸化脂質に変化させ、血管壁に付着し、血管をもろくしたり、 ふさぐなどすることで動脈硬化や脳梗塞などの原因になります。

糖尿病においては、血液中にグルコースや脂肪酸が過剰になると、酸化物質である活性酸素が多量に発生するようになり、 インシュリンを分泌するベータ細胞は容赦なく活性酸素の餌食となり、細胞死を起こすという最悪のシナリオとなります。

また、血中に高濃度のグルコースが存在すると、メイラード反応が起こり、グルコースとタンパクが結合して血管を劣化、 破壊して眼底出血や腎臓病をはじめ、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化症などの脳血管障害や神経障害、白内障などのさまざまな 「糖尿病合併症」を引き起こすことが知られています。

このように生活習慣病は、間違った生活習慣により「エネルギー過多」の状態になり、そこから派生する 活性酸素が原因で発症するといっても過言ではありません。

低線量の放射線を浴びることで得られるホルミシス効果により、SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)や GPx(グルタチオン・ペルオキシターゼ)などの活性酸素を除去する抗酸化酵素が飛躍的に増加することが、 人為的に糖尿病や高血圧などの病態をつくったモデルマウスの実験で報告されており、これらの病気の治療や予防にも大いに期待できると考えられています。

もちろん、「正しい生活習慣」を身に着けることが一番の原則なのですが・・・

◆自宅で放射線ホルミシス効果を得たいならば…