低線量放射線ホルミシス効果とがん

がんは現在日本人の死因としては一番多い病気ですが、
低線量放射線ホルミシス効果によるがんの抑制効果としては、

1.抗酸化作用

2.DNA修復

3.アポトーシス

4.免疫機能の向上

などが、各種研究機関や大学の実験結果から確かめられています。

では、これらの項目について詳しく見てみましょう。

1.抗酸化作用について

がん発生の原因として、90%が活性酸素、10%がウイルスによるものと考えられています。
活性酸素が原因の場合、活性酸素がDNAに傷をつけることから始まります。
細胞複製の設計図DNAが活性酸素で傷つけられると設計図どおりに細胞は複製されずに、突然変異を起こす場合があります。
これをさらに活性酸素が攻撃することにより、本来は影に隠れている「がん発生遺伝子」が活性化することによって周囲の細胞もがん化して、最終的には抑えの効かない暴走的な増殖をしていく過程をたどります。
放射線ホルミシス効果によって活性化したSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)などの酵素の力によって、活性酸素の発生が抑制されれば、がん防止につながることは容易に想像できます。

2.DNA修復とp53がん抑制遺伝子

がん抑制遺伝子として代表的なものに、p53と呼ばれる遺伝子があります。
動物実験では、低線量放射線を照射することによって、がん抑制遺伝子p53の活性化が報告されています。
がん抑制遺伝子p53は、細胞の複製周期を遅らせ時間稼ぎをしている間に修復を図り、さらにDNAが修復するためのタンパク質合成も誘導します。

3.アポトーシスとp53がん抑制遺伝子

細胞が損傷した遺伝子を修復できなかったとき、細胞を自爆死(自殺)させてがんを発症させないようにする仕組みを「アポトーシス」と呼びます。
p53がん抑制遺伝子は、細胞のアポトーシスをコントロールする中心的働きをします。低線量放射線によって活性化したp53遺伝子によりアポトーシスが積極的に行なわれれことにより、がん細胞の増殖を抑制する効果が期待できます。

4.免疫機能の向上

では、アポトーシスにも失敗してしまったらどうなるのでしょうか? 
そこまで異常となった細胞に対して、私たちの身体は、自分の身体の細胞とは認識せずに、「他者」あるいは「侵入者」として、免疫系を使って異常細胞の除去・排除の指令を出します。
東京理科大薬学部の小島教授は、低線量放射線の照射が細胞内の抗酸化物質GSH(グルタチオン)を増加させ、がん免疫細胞であるNK細胞を活性化。 抗酸化機能や免疫機能が更新することで、がんの増殖が抑制されることを示唆しました。

◆自宅で放射線ホルミシス効果を得たいならば…